ドコサヘキサエン酸の効果などを解説。

DHAは、魚などの食べ物に含まれ、脳に有効な効果があることから、DHCやサントリーのサプリメントが通販でも人気です。
DHAは過剰摂取による副作用も少なく、子供にもしっかりと摂取させたい栄養素です。
各青魚のDHAとEPAの含有量を掲載していますので、参考にして下さい。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは?

今話題のDHAとは、主にマグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれる栄養素です。
【脂】と聞くと敬遠される方も多いと思いますが、豚や牛などの脂とは全く別物ですので、ご安心下さい。

では、「牛や豚の脂」と「DHAなどの魚の脂」は、一体なにが違うのでしょうか?

少し専門的になりますが、牛や豚の脂は「飽和脂肪酸」、魚の脂は「不飽和脂肪酸」と区分わけがされています。
それぞれの性質を以下で解説したいと思います。

飽和脂肪酸(牛や豚などの脂)

食品では動物性の脂や、バターなどの乳製品に多く含まれています。
飽和脂肪酸は常温では固体で存在することから、体内でも固まりやすく、しかも血液をドロドロにし、中性脂肪やコレステロール値を上昇させてしまう作用があります。この結果、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病を引き起こす原因となります。

現代の食生活においては過剰摂取傾向にあり、肥満やメタボリックシンドロームの原因ともなることから、摂取量を控えるよう注意が投げかけられています。

不飽和脂肪酸(DHAやEPA)

主に魚の脂に多く含まれているもので、DHAやEPAは、この不飽和脂肪酸の一種です。
不飽和脂肪酸は、動物性の脂とは逆に血中コレステロール値を下げる働きがあり、常温では固まりにくく液体を保つ成分ですので、血液をサラサラにし動脈硬化を予防することや、中性脂肪を減少させる効果があります。

食生活の変化によって、飽和脂肪酸は過剰摂取気味で、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は不足傾向にあります。

では、実際に不飽和脂肪酸であるDHAの主な効果を以下で解説していきたいと思います。

DHAの効能

上記でDHAが不飽和脂肪酸の一種であることを述べ、血中コレステロール値を下げるなどの特性について簡単に触れましたが、DHAは、もっと有益な効果がありますので、下記で紹介をしておきます。

中性脂肪を低下させます。

中性脂肪は人間に少なからずは必要ですが、摂り過ぎると今問題になっているメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の原因となってしまいます。

DHAは、中性脂肪がつくられるのを抑制し、また、肝臓での分解を促進することがいわれています。

DHAは、子供の脳の発達を促進させます。

人間の脳神経細胞にはDHAが原料となっているものが多いため、成長期に摂取することで、健全な脳が育ちます。

また、 外国の研究者の中で、欧米諸国と比べて日本人の子供の知能指数が高いのは、DHAを多く含んだ魚をよく食べるからともいわれています。

脳の活性化や、痴呆症の改善に役立ちます。

頭の回転が早い人と、遅い人の違いには、脳内における情報伝達の役割を果たしているシナプス(神経細胞)の量に差があることがいわれています。

DHAは、このシナプスを活性化させる働きがあり、判断力や集中力を高め、痴呆症の予防や改善をすることがいわれています。

視力の向上にも、DHAが役立ちます。

目で見た物は、網膜や視神経を通って、脳に伝わることで初めて視覚情報として認識されます。

DHAは、脳細胞の原料となるだけでなく、網膜や視神経にも必要となっていることから、しっかりと摂取することで、視覚からの情報をスムーズに脳に伝えることができるといわれています。

アトピー性皮膚炎を改善します。

アレルギー疾患の代表であるアトピー性皮膚炎は、DHAの摂取によって改善することがいわれており、過去にアトピー性皮膚炎患者を対象に有効性を検証したところ、50%に上る改善傾向が見られました。

DHAは、妊婦さんにも必須の栄養素です。

妊娠中には、たくさんの栄養を摂ることが大切なのはご存知かと思います。中でもビタミンB群の「葉酸」は、生まれてくる赤ちゃんの先天異常を防ぐ効果があり、母子手帳にも葉酸の摂取を推奨されています。

同様にDHAも胎児にとって重要な働きをします。オーストラリアの医学誌「Archives of Disease in Childhood」によれば、魚油を摂取した妊婦から生まれてくる子供は、視覚と手の協調関係が優位に優れていたことを掲載しています。
また、胎児の健全な脳の発育のためにも、DHAの積極的な摂取が重要とされています。

ただし、妊婦さんは一部の魚介類の摂取を控える必要があるため、上手なDHAの摂り方を参考にして下さい。

注意事項!

・当サイト内のDHAの効能等は、一般的な情報でその内容を保証するものではありません。

・当サイトの情報からDHAサプリメントを選ばれる際は、必ず信頼できる文献を再度確認の上でご利用ください。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等について、一切の責任は負えません。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 DHA&EPA.com. All Rights Reserved.